海外ドメイン取得、海外商標登録、海外法人設立

海外法人設立についてのFAQ

  • HOME »
  • FAQ »
  • 海外法人設立についてのFAQ

オフショアとは何ですか?
オフショアとは外国人に対する租税環境が優遇されている国または地域のことで、オフショアに本拠地を置く法人や個人はその口座にある資産や、投資や事業によって得た収益に対してほとんどの場合税金が掛かりません。

オフショアに法人を設立するメリットは?
進出希望国で実際に事業を行わないにも関わらず現地法人を設立してしまいますと、会計処理や毎年の決算を別途行う必要がありますが、オフショア法人の場合は会計処理や毎年の決算義務が無いため維持コストも低く、節税目的だけでなく訴訟対策用として最適です。

オフショア法人設立は合法ですか?
はい、合法です。オフショアの活用は、ヨーロッパなどでは既に百年以上も前から認められている個人の当然の権利です。もちろんオフショアで設立した法人は世界中で合法的に事業活動が可能です。

どの国で設立すべきか悩んでいます。
どの国でも大きな違いはございません。最近では設立や口座開設がスムーズなベリーズやセーシェルが特に人気です。

外国語ができませんが大丈夫でしょうか?
オフショア法人設立のための全ての手続きは当社が行いますし、別途銀行口座開設をご希望の場合でも、日本語に対応している銀行も取り扱っておりますのでご希望の場合にはお知らせください。

法人設立に必要な書類を教えてください。
パスポートの認証コピーと住所証明書類(公共料金の請求書など)が必要となります。

料金はいつ、どのようにして支払うのですか?
サービス料金のお支払いは、お申し込み時にクレジットカード又は銀行振込(海外送金)にてお支払いいただく形となります。

申し込みの流れを教えてください。
お申し込みご希望の旨お問い合わせフォームよりご連絡いただきますと、担当者より必要書類をメールにてお送りいたします。書類に必要事項をご記入後、本人確認書類と合わせてスキャンをメールにてお送りいただき、料金をお支払いいただき次第、当社にて設立手続きを開始いたします。

資本金を実際に払い込む必要がありますか?
いいえ、資本金は実際に払い込む必要はありません。なお、法人設立の際の資本金設定額は登記費用に影響しますので通常は最低額に設定しております。

会社名は自分で決められますか?
はい、新規のオフショア法人を設立いたしますので会社名はお客様に決めていただきます。法人設立をお急ぎの場合は、シェルフカンパニー(既に設立済みの未使用の法人)をご購入いただくことも可能です。

役員・株主は一人でも良いのでしょうか?
はい、一人で兼任することが可能です。

申し込み後のキャンセルや返金はできますか?
サービスの特性上、お申し込み後のキャンセルやご返金は出来かねますことを予めご了承ください。

PAGETOP